病気や事故に負けず幸せな生活を

肝臓の病気の兆候

肝臓がんになっても初期の段階では自覚症状はありません。検査を受けなかったために肝炎にかかっていることに気がつかず、いつの間にか肝臓がんに進行していることがあります。

自覚症状無く末期に進み、肝臓の自己修復機能を失った頃に症状が現れます。その症状は、体重の減少、食欲不振、だるさ、微熱、腹部の張り、便秘・腹痛、黄疸などです。

このような症状が現れた頃には、手術もできないほど進行しているケースがほとんどですので、肝臓がんから身体を守るためには定期検査を受けることがとても大切だと言えるでしょう。